平成19年04月05日


家電リサイクル券システム
取扱店(者) 各位
エアコンの再商品化等料金改定に伴うデータ表示について

一般財団法人家電製品協会
家電リサイクル券センター

 

 日頃は、家電リサイクル券システムにご理解・ご協力をいただき、誠に有難うございます。
さて、この度、エアコンの製造等を行っている主要の社及び指定法人より、ユニット形エアコンディショナーの再商品化等料金(以下「料金」という。)を4月1日より改定するとの公表がされました。各社及び指定法人の公表によりますと、改定後の新料金の適用は次のとおりとされています。
 
  (1) 管理票(家電リサイクル券)の交付日(引取日)の欄の記載が、平成19年3月31日以前の日付以外のもので、かつ、指定引取場所又は引き取る場所(これらを総称して、以下「指定引取場所」という。)への引渡日が平成19年4月1日以降のもの。
 
(2)
管理票(家電リサイクル券)の交付日(引取日)の欄の記載が、平成19年3月31日以前の日付のもので、かつ、指定引取場所への引渡日が平成19年5月1日以降のもの。
※詳しくは、家電リサイクル券センターのホームページに掲載のこちらを参照ください。
  管理票(家電リサイクル券)の交付日(引取日)の欄の記載内容により、適用する再商品化等料金が異なることになり、上記内容への対応として、平成19年4月1日〜30日までの間の指定引取場所での引取登録において、以下のとおり、製造業者等コードを分けて家電リサイクル券センター(以下「RKC」という。)に登録することで、新料金と旧料金の区分けを行うことと致しました。
■旧料金と新料金の製造業者等コード
 
(1)
現在設定しているコード
 
 ⇒旧料金の適用を平成19年3月31日までとし、平成19年4月1日以降は、新料金を適用で設定。
 
(2)
4月1日〜4月30日の間のSY引取分に旧料金を適用するための新設コード
     ⇒旧料金で、平成19年4月1日に適用開始、平成19年4月30日に適用終了で設定。
 
※上記Aの新設コードは、原則、現状の各製造業者等コード+100番で設定します(指定法人2号業務の999と998のみ、それぞれ-100番の899,898とします。)。また、当該コードに対応する製造業者等の略称(請求書等への表示に使用しています。)については、原則、現在の略称の後に「(旧)」の文字を追加しますが、合計で10文字を超える場合は従来の略称の最後を短縮する場合があります。
 
例)
日立アプライアンス(株)の場合
 
現状コードと略称           ・・・ 300  日立アプライアンス
 
旧料金適用用の新設コードと略称 ・・・ 400  日立アプライ(旧)
 
⇒製造業者等は、4月1日〜30日までの指定引取場所引取分について、管理票(家電リサイクル券)の交付日(引取日)の欄の記載が平成19年3月31日以前の日付の場合は旧料金適用用のコード(上記(2)のコード)で、交付日(引取日)欄が上記以外の場合は従来コード(上記(1)のコード)で引取登録を行います。
※2種類の製造業者等コード一覧については、別表を参照ください。
■取扱店(者)の皆様へのお願い
  RKCから取扱店(者)の皆様に提供している以下のデータにつきましても、上記の2種類の製造業者等コードと製造業者等略称での運用となりますので、ご留意をお願いいたします。
 
FTPで取得いただいている振込店様向請求データの製造業者等コード及び製造業者等略称
 
RKCホームページの取扱店システムの「引取券照会」画面の製造業者等コード
 
RKCホームページの「排出者向け引取り確認」画面での製造業者等略称
 
※製造業者等コードのマスタは、RKCホームページの取扱店システム又はINS経由(振込店様のみ)で取得可能です。
 


ご参考 : エアコン料金改定に伴う製造業者等コード表(PDF)

   
以 上